髪の毛を健康に育てる

椿油でできた育毛剤


多くのヘアケア商品に椿油が使用され、愛用されていることからも、椿油に含まれている成分が髪の毛に良い効果をもたらすことは、皆さんご存知ですよね?
椿油は、ツバキ科の植物の種から抽出される天然のオイルで、食用や薬用として広く使用されているほか、日本では古くから髪結いの時や髪の毛の美容液として使用されてきました。
椿油には、人間の皮脂に最も多く含まれているオレイン酸という成分が多く含まれています。
オレイン酸は酸化しにくい特長を持っており、椿油と皮脂の成分がとても近いため、頭皮に吸収・浸透をしやすく、副作用の心配がほとんどないと言われています。

薄毛の症状に悩まされている、ほとんどの人の頭皮は荒れています。
皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まって髪の毛の成長を妨げますし、頭皮が乾燥をしている場合も、ヘアサイクルが乱れて健康な髪の毛を育てることが出来ません。
また、皮脂が過剰に分泌されている場合や、皮脂の分泌が少なく頭皮が乾燥をしている場合は、炎症や腫れなどの頭皮トラブルが起こりやすい状態になっているのです。
椿油には、皮脂が過剰に分泌されることを抑えて、足りない皮脂を補う作用があり、椿油に含まれるサポニンという成分には、殺菌作用があるため、頭皮の炎症を抑えて、清潔な頭皮環境を保ちます。
ホホバオイル、馬油、椿油などの、育毛に効果が期待できるオイルに言えることは、皮脂の分泌を調整して、頭皮を清潔に保ち、頭皮環境を整えることによって、髪の毛が成長しやすい土台を作り出すと言うことです。

それぞれに、直接的な育毛効果があるわけではありません。
正しい方法で使用を続けて、髪の毛が成長しやすい状態まで頭皮環境を改善させることで、はじめて育毛の効果を期待することが出来るのです。
どのオイルも、効果を期待してつけ過ぎてはいけません。
頭皮への使用を推奨している商品を購入して、要領、用法を守って使用して下さい。

自己流の使用方法は、頭皮の状態を悪化させる可能性があるので、要注意です。
オイルを使用することが面倒に感じる方は、椿油の成分が配合された育毛剤や育毛シャンプーを使用することも方法のひとつです。
椿油自体は天然のオイルのため副作用の心配はほとんどありませんが、育毛剤や育毛シャンプーには、他の成分も含まれていますので、肌が弱い人や頭皮が荒れている人は、商品の成分表をチェックした上で購入をするようにしましょう。
男性用と女性用が出ていますが、これらのちがいは何かご存知でしょうか?
男性用の育毛剤は男性ホルモンを抑制する成分が含まれており、女性用はその成分が含まれていません。
このことを知らないで女性が男性用を使用すると危険な可能性があるようなので気をつけましょう。