髪の毛を健康に育てる

育毛剤のトラブル


育毛剤を使用していく上で、注意が必要なのが頭皮トラブルです。
まれにですが、かゆみやかぶれ、腫れや炎症と言った頭皮トラブルが起こる場合があります。
このような症状をそのまま放置して同じ育毛剤を使用し続けると、髪の毛が育つどころか、さらに抜け毛の症状が進行する事態になりかねません。
同じ化粧品を使用していても、人によって効果の現れ方が異なるように、育毛剤にも使用する人の体質や頭皮の状態によって、その人に合う商品と合わない商品が存在します。
特に、敏感肌や乾燥肌の人は頭皮トラブルが起こる可能性が高いので、天然由来の成分を使用した無添加で刺激の少ない育毛剤を使用することをおすすめします。

また、返金保証制度を設けている育毛剤もありますので、副作用が心配な方は、このような制度を活用してお試しで使用してみる方法がおすすめです。
商品にもよりますが、到着後1~2ヵ月以内に返品をすれば、全額返金をしてもらうことができます。
1ヵ月程度の使用で劇的な効果を期待することは難しいですが、少なくともトラブルが起こった商品の代金は支払わずに済みます。

また、副作用は「医薬品」以上の育毛剤を使用した場合に起こる可能性が高いと言われています。
医薬品の育毛剤は、高い効果が期待できる反面、次のような副作用が起こる可能性が考えられます。
例えば、高血圧の治療に使用される「ミノキシジル」という成分が含まれる場合、血管を広げ血流を良くする働きがあるので、頭皮に栄養が届きやすく育毛の効果を期待することができますが、血圧の低下や心拍数の増加などの症状が現れる場合があります。

また、かゆみ、湿疹、かぶれ、めまい、頭痛、むくみなどの症状が現れる可能性も考えられます。
同じように、血管拡張効果のある「塩化カルブロニウム」も同様の副作用が考えられます。
また、内服薬に含有されている「フィナステリド」という成分は、頭痛、かゆみ、発疹のほか、精力減退、肝機能低下、精子減少、女性乳房化などの症状が現れる場合があります。
必ずしも全ての人にこのような副作用が現れる訳ではなく、通常の場合は問題なく使用していただくことができますが、体質や体調によってこのような副作用が起こる可能性があることを覚えておきましょう。
万が一、副作用が起こった場合は、すぐに使用を止めて専門の医師に相談をするようにしてください。