髪の毛を健康に育てる

育毛剤と育毛サプリ


薄毛対策と聞いて思い浮かぶ方法は、まず、育毛シャンプーや育毛剤を使用することだと思います。
この両者も、確かに、薄毛改善の効果が期待できますが、それだけでは不十分な場合が多いのです。
薄毛の原因は、ホルモンの異常や病気、ストレスなどさまざまですが、髪の毛の成長が悪かったり、髪の毛が抜け落ちるということは、体に何らかの不調が起こっていることを表しています。
体内に摂り込まれた栄養素は、生命活動を行うために重要な臓器から使用されていくため、栄養が偏っていると、真っ先に髪の毛に影響が出てしまうのです。

育毛シャンプーや育毛剤は、体の外側から働きかけて薄毛の改善を行いますが、大体の薄毛の原因は体の内側から起こっていますので、それだけでは、一時的な改善にはなっても、根本的な改善にはなりません。
ですが、使用することで効果はありますのでご利用ください。
育毛剤のタイプは「様々なタイプ」のところで紹介されていますが育毛シャンプーはされていないのでこちらで紹介します。 育毛シャンプーはアミノ酸系、石鹸系、アルコール系にわけることができるそうです。
体内に必要な栄養素をバランス良く摂るためには、日々の食事がとても大切になるのですが、毎日、忙しく働く人にとっては、そう簡単なことではありません。
そこで、簡単に必要な栄養素を摂取できるように開発されたのがサプリメントです。

サプリメントは、育毛剤シャンプーや育毛剤とは違って、体の内側から栄養を吸収することで、薄毛改善の効果を発揮します。
ただ、病院で処方される薬とは違って、薄毛の原因に直接働きかけるわけではありません。
長期的に摂取することで、体質を改善させて、薄毛の症状を改善させることが目的になります。

薬ではなく、栄養補助食品だと考えて下さい。
薄毛改善に効果のある代表的な成分は、亜鉛、イソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシなどです。
亜鉛には、タンパク質の生成を助ける働きがあり、亜鉛が不足すると髪の毛の成分であるケラチンというタンパク質の生成が出来なくなってしまいます。
イソフラボンは、大豆に含まれている成分で、女性ホルモンに似た働きをすることで知られており、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する働きがあります。

カプサイシンは、唐辛子に含まれる成分で、血行を促進させて新陳代謝を活発にさせる働きがあります。
そして、ノコギリヤシは、男性型脱毛症の原因となるDHTの生成を抑える働きがあり、男性型脱毛症の治療薬として知られる医薬品のように副作用の心配がないことから、近年、特に注目をされている成分です。
薄毛の対策には、育毛剤と育毛シャンプー、そして、育毛サプリメントのトリプル作用が発揮されることで、さらに高い効果が期待できると言えるでしょう。