髪の毛を健康に育てる

男性ホルモンを抑制する育毛剤


祖父や父親など、身近なところに薄毛の人がいる男性の中には、いつか自分もハゲるのでは?と不安を感じている人が少なくないのではないでしょうか?
若いうちからハゲてしまう方もいるようです。
男性の薄毛の約90%以上が、男性ホルモンの異常が原因で起こる「男性型脱毛症(AGA)」だと言われています。
それでは、AGAが起こるメカニズムについて、もう少し詳しく説明をしたいと思います。
AGAは、男性ホルモンが多いからと言って必ず起こる訳ではありません。
"テストステロン"という男性ホルモンが、毛根近くの皮脂線から分泌される"5αリダクターゼ"という還元酵素の作用によって、"ジヒドロテストステロン(DHT)"という男性ホルモンに変換されることによって起こります。

変換されたDHTは、毛母細胞への栄養補給を阻害して、薄毛が起こりやすい状態を作り出します。
また、実際に、5αリダクターゼが多く生成される体質は遺伝する可能性が高いことがわかっています。
つまり、AGAの症状を改善させるためには、5αリダクターゼの働きを抑制して、 テストステロンが薄毛の原因となるDHTに変換されることを抑える必要があるのです。
それでは、AGAの治療に効果的とされる成分には、どのようなものがあるのでしょうか?

■ フィナステリド
医薬品として医師から処方されるプロペシアの成分です。
5αリダクターゼの働きを抑えて、DHTの生成を抑制します。
AGAの症状を改善させるとして、最も注目をされている成分ですが、副作用の心配もあります。

■ ノコギリヤシ
フィナステリドと同じように、5αリダクターゼの働きを抑えて、DHTの生成を抑制する効果が期待できます。
古くから漢方薬やハーブとして使用されており、副作用の心配がほとんどないと言われています。

■ 大豆イソフラボン
大豆に含まれるポリフェノールの一種で、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをします。
女性ホルモンの働きを増やすことによって、男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。

■ ヒオウギエキス
大豆イソフラボンと同じように、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをします。
男性型脱毛症(AGA)の原因である男性ホルモンの生成を抑える成分は、現在、数多く発見されています。
今回は、その中でも、代表的な成分をご紹介させていただいています。
これらの男性ホルモンを抑制する成分が入った育毛剤はいくつかありますので購入するとき成分表を見てからの購入をおすすめします。