髪の毛を健康に育てる

ジェネリック育毛剤


最近では、CMなどでも見聞きする機会が多くなった「ジェネリック医薬品」という薬ですが、どのような薬なのかご存じでしょうか?
ジェネリック医薬品とは、最初に開発・販売された新薬の特許が切れた後に、他の製薬会社がコピーをして別の名前で販売をする後発の医薬品のことを言います。
含まれる成分が同じなので、期待される効果にも違いはありません。

また、新薬のように莫大な費用をかけて研究・開発をする必要がないので、安い価格で購入をすることができるのも魅力です。
男性型脱毛症の治療薬として医療機関で使用されることの多い「プロペシア」と「ミノキシジル」にも、同様の効果が期待できるジェネリック医薬品が存在します。
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なのが、「フィンペシア」で、プロペシアと同じように頭頂部と前髪部分がM型に脱毛する男性型脱毛症にのみ効果があります。
ミノキシジルのジェネリック医薬品として有名なのが、「ロゲイン」や「カークランド」などです。
これらの薬は頭頂部に脱毛の症状が現れる男性型脱毛症にのみ効果を発揮し、M型の脱毛症には効果がありません。
プロペシアとミノキシジルは、特許期間が切れていないため、日本でジェネリック医薬品を製造することは出来ません。

そのため、これらのジェネリック医薬品を購入するためには、インターネットサイトなどを利用して個人輸入を行う必要があります。
インターネットを利用して簡単に行うことのできる個人輸入ですが、使用するにあたって注意をしなければならない点がいくつかあります。
まず、薄毛の症状はすぐに改善されるものではないので、長期的に購入を続けることができるように、信頼の持てる輸入代理業者を探して購入をすることが重要になります。
しかし、インターネット上の代行業者は廃業をするケースが少なくなく、突然連絡が取れなくなる場合もあります。

また、個人輸入で購入をした医薬品は、国の公的救済制度の対象になっていないため、何らかの身体的副作用が起こっても保証はされません。
海外で出回っているジョネリック医薬品の中には、高い効果が期待できない粗悪品も多く出回っているという現状もあるのです。
ジェネリック医薬品は手頃な価格で、先発品と同等の効果が期待できるため、とても魅了的ですが、このようなリスクが伴うことも十分に理解をした上で購入をするようにして下さい。