髪の毛を健康に育てる

発毛剤と育毛剤の違い


最近では、ドラックストアやスーパーマーケット、インターネットなど様々なところで、薄毛改善の効果が期待できる商品を目にすることができますよね。
育毛剤、発毛剤、養毛剤などの種類があり、自分に適した商品がどれなのか正直迷ってしまいます。
簡単に説明をすると、「育毛剤」は、頭皮の血行促進や栄養補給をすることによって、頭皮環境を整えて、もともと存在する髪の毛や毛根に働きかけ、太く力強い髪の毛を育てる効果があります。

「発毛剤」は、毛母細胞に働きかけて、髪の毛が抜け落ちた毛穴から、新しい髪の毛が生えてくる手助けを行います。
「養毛剤」は、化粧品のような存在で、頭皮や髪の毛に栄養をあたえて健康な状態を保つ効果があります。
比較的、育毛剤と近い効果が期待できますが、薬効成分が含まれていないため、育毛剤ほど高い効果は期待できません。

薄毛改善のために、主に使用されているのが育毛剤と発毛剤になりますが、この二つには大きな違いがあります。
まず、その名の通り育毛剤は"健康な髪の毛を育てる"ことが目的であり、発毛剤は"髪の毛を新たに生やす"ことが目的だと言うことです。
育毛剤は医薬部外品の指定を受けており、副作用の心配が少ない反面、薄毛改善の効果はすぐには現れません。

それと比べて、発毛剤は医薬品の指定を受けており、高い効果が期待できる反面、副作用のリスクが高まると言われています。
髪の毛が細くなり、コシがなくなってきた段階では、育毛剤を使用することが効果的ですし、明らかに髪の毛が抜けていて、見た目でも薄毛が進行してる場合は、発毛剤を使用した方が高い効果が期待できると言えるでしょう。
薄毛改善のためには、リスクと効果を理解した上で、その時の状態に適した商品を使用することが大切だと言えますね。
逆にリスクと効果を良く理解する事で、より良く薄毛改善にする事が出来るのです。
そして、薄げ毛改善を成功させて、明るい人生を歩んでいきましょう!